2018年04月19日

西へ行ってから南下する 中国地方〜九州地方 撮影行 1 ~ 鳥取 ~

2017年5月4日、

東京から九州までフェリーで行けたらと考えていたが、GW中でチケット取れず。。九州まで自走することにした。
全線高速で行くのはつまらないので、鳥取まで高速に乗り、その後は海沿い下道で移動することにした。


鳥取と言えば?『鳥取砂丘!』

京都から続く山陰海岸ジオパークの一つにもなっていて、地質的に貴重な場所として知られている。

まず、千代(せんだい)川河口へ行ってみた。
この場所も鳥取砂丘の一部のはずだが、砂の色は白っぽい灰色で、人も釣り人ぐらいしか来ない場代のようだ。
メディアでよく見る鳥取砂丘の砂は黄色っぽかったので、「ん?」お目当ての場所では無いなとなった。
しかし風が強い!足元を見ると砂の移動が分かる。
この風が風紋を今まさに風紋を作っている。

飛砂の移動

ブ 縮小 2017年5月4日 【風紋を作る風】 鳥取砂丘.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 14   ISO 400  400 分の 1 秒 手持ち撮影 )


飛砂の写真をトリミング

ブ トリミング 縮小 2017年5月4日 風紋を作る風.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 14   ISO 400  400 分の 1 秒 手持ち撮影 )トリミング


波打ち際まで行くと右手にお目当ての【海岸砂丘】が見えた! 人も沢山いる。

ブ 縮小 2017年5月4日 鳥取砂丘 4.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED  40 - 150 mm  F 2 . 8  PRO   150 mm  f 8 . 0   ISO 400   250 分の 1 秒  手持ち撮影 )



もっと東だな・・

周辺を探索しながらお目当ての【黄色い砂丘】の方へ移動する。

お昼過ぎ、お目当ての黄色い砂丘へ到着!

まるで外国の砂漠へ来たような黄色の砂、5月なのに日向にいるとぶっ倒れるんじゃないかという暑さだ。
長袖に長ズボン、そして愛用の長靴、(怪しいかっこ ww)水をもって出発!
砂防林を抜けるとそこかしこに風紋が出来ている。
写真に写っていないけど人も多い、足跡の無い綺麗な風紋を探がした。

風紋

ブ 縮小 2017年5月4日 風紋 3.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 7 - 14 mm  F 2 . 8  PRO   9 mm  f 8 . 0   ISO 400     320 分の 1 秒 手持ち撮影 )


撮影しながら、第一砂丘列の高台へ来た。

日が傾き始める時間帯、砂丘の砂の色も色味を増してゆく・・

ブ 縮小 2017年5月4日 鳥取砂丘  (5).jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED  40 - 150 mm  F 2 . 8  PRO   150 mm  f 11   ISO 400     400 分の 1 秒  手持ち撮影 )

【鳥取砂丘】自分が想像していたよりも広い、周り切れずに日が落ちた。

夕食と温泉を済ませ、再び砂丘へやってきた。

夜の砂丘へドライブに来る人や車中泊の車で駐車スペースが無く。。仕方なく周辺を探索、夜景スポットとなっている場所もあり、カップルが遅くまで語っている。23時を過ぎて夜景ドライブ組が去り、ようやく駐車場が空く。
さて寝る支度をと車から出ると、昼間と違ってヒンヤリ、夜の砂丘は心地が良い。そして以外にも明るく、癒しの風景だった。

寝る支度を中断して三脚を引っ張り出す。


海と反対側の空は街灯りを捕えて明るく、手前の砂防林は黒く落ち込みシルエットとして浮かび、明るい星が輝いていた。

ブ 縮小 2017年5月4日 【夜】 鳥取砂丘.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 3200     1 秒 三脚を使用して撮影 )


海側を眺めると、砂丘の砂が外灯を反射しレフ代わりになって木々を浮かび上がらせていた。

ブ 縮小 2017年5月4日  【砂丘の夜】.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 3200   1 秒 三脚を使用して撮影 )

日付が変わって撮影を終了した。


5月5日、
ジオパークセンターで砂丘の事を勉強してから、出発した。

砂丘に向かう途中、最近見かけなくなったミノムシを見つけた!嬉しい。

ブ 縮小 2017年5月5日 ミノムシ オオミノガ.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED  40 - 150 mm  F 2 . 8  PRO   150 mm  f 2 . 8   ISO 200    1250 分の 1 秒  手持ち撮影 )


鳥取砂丘では海浜植物の群落があちこちで見られる。

代表的な植物【コウボウムギ】の群落

ブ 縮小 2017年5月5日  カヤツリグサ科 コウボウムギ群生 1.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ISO 400     200 分の 1 秒 手持ち撮影 )



砂丘の中に茶色く固まった砂とは違う異質な風景がある。これは大山の噴火どきに火山灰が降り積もった層が地表に出て来たところ。

ブ●縮小 2017年5月5日 鳥取砂丘 火山灰露出地.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 11   ISO 400     500 分の 1 秒 手持ち撮影 )



鳥取砂丘の中で一番にぎわっている場所が見えて来た。

第二砂丘列(馬の背)とオアシスだ。

ブ●縮小 2017年5月5日 砂丘とオアシス.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   31 mm  f 14   ISO 400     320 分の 1 秒 手持ち撮影 )



第二砂丘列へ登ると素晴らしい展望!

砂丘を歩く人たちが動く模様のよう、眺めていて飽きない。
    
ブ 縮小 2017年5月5日 人間模様.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   40 mm  f 8 . 0   ISO 400    1000 分の 1 秒 手持ち撮影 )



人、人、人まるで、巣から出入りするアリのようにも見えて来た。

ブ 縮小 2017年5月5日 人人人.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   40 mm  f 8 . 0   ISO 400     1000 分の 1 秒 手持ち撮影 )



高台から粒粒に見える人々を眺めていて、カメラ内蔵のARTフィルター ジオラマ というプログラムで撮影したらきっと面白い!と思った。

早速、ARTフィルター 【ジオラマ】で何枚か撮影してみた。

ブ 縮小 2017年5月5日 ARTフィルター ジオラマ (2).jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ARTフィルター使用 ジオラマ 手持ち撮影 )



ブ 縮小 2017年5月5日 ARTフィルター ジオラマ (3).jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ARTフィルター使用 ジオラマ 手持ち撮影 )


本当にジオラマのように見えて面白い🎵 

※ カメラ内蔵ARTフィルター機能の使用はとても簡単で、ダイヤルをARTに合わせて、構図を決めシャッターボタンを押すだけだ。


オアシス 
縮小 ブ 2017年5月5日 オアシス 【鳥取砂丘】.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 12 - 40 mm  F 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ISO 400    500 分の 1 秒 手持ち撮影 )



どうして砂丘のような砂地に水がたまるのだろう?という謎も砂丘形成の過程をたどっていくと、納得する。

一通り砂丘を歩き回り、お昼過ぎそろそろ移動しなくては・・

オアシスから出て歩き出すと黄色い花を見つけた。

【ハマニガナ】

ブ 縮小 2017年5月5日 砂丘に咲く花【ハマニガナ】.jpg

( オリンパス  E - M 1 MarkU  レンズ M . ZUIKO DIGITAL ED 7 - 14 mm  F 2 . 8  PRO   7 mm  f 8 . 0   ISO 400    1600 分の 1 秒 手持ち撮影 )


鳥取砂丘には地質的に重要な場所がかたまっていて、地球の不思議がたくさん詰まっているところだった。


砂丘を後にして下道で海沿いを探索しながら西に向かう。 

最終目的地は屋久島だ! 























posted by ケースケ・ウッティー at 16:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。