2016年12月01日

アオゲラの迷彩

10月24日、
天気不安定・・なにもいないじゃないか!
静かな白神の森を歩いていた。
「ケッ!ケッ!」というキツツキ系の鳴き声が聞こえた。
五感を研ぎ澄ませ、その存在を探す。
ボーっと眺めた先に・・木から木へと動く影を見つけた。
アオゲラだ!
何とかファインダーに捕らえるが、一瞬だけ!
なかなかジッとはしてくれない。

木の洞に顔を突っ込むアオゲラを直ぐ見つけられるだろうか?

縮小 2016年10月24日 アオゲラの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  40 - 150 mm  f 2 . 8  PRO   150 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  320 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中にアオゲラ

〇印 縮小 2016年10月24日 アオゲラの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  40 - 150 mm  f 2 . 8  PRO   150 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  320 分の 1 秒  手持ち撮影 )


木の洞に頭を突っ込むアオゲラ (トリミング画像)

〇印 トリミング 縮小 2016年10月24日 アオゲラの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  40 - 150 mm  f 2 . 8  PRO   150 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  320 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング

アオゲラの体色は、まさしく迷彩だ。





posted by ケースケ・ウッティー at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うっすら雪

10月23日、
手袋が欲しい昼過ぎの八幡平・・色づく木々の間から岩手山。

縮小 2016年10月23日 岩手山.jpg 

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 4 . 0   ISO 200   M フォーカス  3200 分の 1 秒  手持ち撮影 )

posted by ケースケ・ウッティー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

季節の移り変わりを感じる時

10月19日、
よく行く水辺で、明らかに増えたカモ・・・。
冬鳥の訪れは季節の移り変わり感じさせてくれます。

スズガモの飛翔

縮小 2016年10月19日 冬鳥 スズガモ ※.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 5 . 0   ISO 800   M フォーカス  500 分の 1 秒  手持ち撮影 )


トリミング画像  スズガモの飛翔

トリミング 2016年10月19日 冬鳥 スズガモ ※.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 5 . 0   ISO 800   M フォーカス  500 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング
posted by ケースケ・ウッティー at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物が教えてくれる環境

10月18日、
ベランダの植木にアカカタバミが繁殖し花を咲かせた。
このアカカタバミが何を教えてくれるかというと・・・。
土が乾燥しているという事。
アカカタバミは、水はけがよく乾燥している土を好むからだ。

アカカタバミ

縮小 2016年10月18日 アカカタバミ ベランダの宇宙.jpg

( オリンパス E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro    f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  800 分の1秒  手持ち撮影 )

posted by ケースケ・ウッティー at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベランダの宇宙

10月17日、
ベランダの植木でカイガラムシ系が繁殖し頭を悩ませていたが駆除をあきらめ、そのまま放置していた。するといつの間にかアリが住み着くようになってしまった。
カイガラムシ系にアリ、、、さあ大変とおもっていたのだが、以外や以外、アリは家にに入ることはなくベランダの植木を行ったり来たり、いつも忙しそうだ。
カイガラムシ系の出す甘い汁を求めてアリが来た、その代わりにアゲハの幼虫は育たなくなり、葉が茂ったまま、更にアリは植物の受粉を助ける役割もしている。

ベランダに小さな生態系・・・。


アリとカイガラムシ系の関係

縮小 2016年10月17日 ベランダの宇宙.jpg

( オリンパス E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro    f 2 . 8   ISO 800   M フォーカス  200 分の1秒  手持ち撮影 )


トリミング画像  アリとカイガラムシ系の関係

トリミング 縮小 2016年10月17日 ベランダの宇宙.jpg

( オリンパス E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro    f 2 . 8   ISO 800   M フォーカス  200 分の1秒  手持ち撮影 )トリミング



posted by ケースケ・ウッティー at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミネコの食事時間

10月16日、
夕方、ウミネコがグライダーのようにスーっと、上流から下流、下流から上流へと大きく楕円を描くように飛び続ける。
その眼差しは何か探していようで、まるでレーダーのようだった。


空を滑るようにやって来る、ウミネコ

縮小 2016年10月16日 ウミネコ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 4 . 0   ISO 400   M フォーカス  2500 分の 1 秒  手持ち撮影 )


トリミング画像  空を滑るようにやって来る、ウミネコ

トリミング 2016年10月16日 ウミネコ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 4 . 0   ISO 400   M フォーカス  2500 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング
posted by ケースケ・ウッティー at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物の迷彩

10月16日、

クズの茂る場所である生き物を見つけた。
写真を見てすぐにわかるだろうか?

縮小 2016年10月16日 キクキンウワバ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中に「 キクキンウワバ 」という蛾が留まっている。

〇印 縮小 2016年10月16日 キクキンウワバ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )


トリミング画像  キクキンウワバ

トリミング 縮小 2016年10月16日 キクキンウワバ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング

キクキンウワバ の食草はキク科植物で、この周囲にキク科植物が生育している。( 写真で留まっている葉はクズ、マメ科 )

posted by ケースケ・ウッティー at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物の気配を感じる日 

10月14日、
気温上昇!今日は虫たちが活動的だ。

クズの茂る場所で見つけたイモムシ・・・。
写真の中に見つける事が出来るだろうか?

縮小 2016年10月14日 トビイロスズメの幼虫 1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   36 mm  f 5 . 6   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中にイモムシの顔

〇印 縮小 2016年10月14日 トビイロスズメの幼虫  1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   36 mm  f 5 . 6   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )


トリミング画像 〇印の中にイモムシの顔

〇印 トリミング 2016年10月14日 トビイロスズメの幼虫  1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   36 mm  f 5 . 6   ISO 400   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング 


イモムシの正体は 「 トビイロスズメ 」というスズメ蛾の幼虫である。

トビイロスズメの幼虫

縮小 2016年10月14日 トビイロスズメの幼虫 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   17 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  2500 分の 1 秒  手持ち撮影 )


土手の斜面でモンキチョウが留まった。
どこに居るかわかるだろうか?

土手の斜面に留まるモンキチョウ

縮小 2016年10月14日 モンキチョウ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1000 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中に、モンキチョウ

〇印 縮小 2016年10月14日 モンキチョウ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1000 分の 1 秒  手持ち撮影 )


離れてみると枯れて黄色くなった葉っぱや花のようにも見える。
生き物の体色って不思議だ。

トリミング画像  土手の斜面に留まる、モンキチョウ

トリミング 2016年10月14日 モンキチョウ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1000 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング


モンキチョウと対峙中、足元をチラチラと横切るヤマトシジミ・・近くに留まった。

ヤマトシジミ

縮小 2016年10月14日 ヤマトシジミ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1600 分の 1 秒  手持ち撮影 )


珍しいチョウではないけど、このブルー 大好きだ。

トリミング画像  ヤマトシジミ

トリミング 縮小 2016年10月14日 ヤマトシジミ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1600 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング






















posted by ケースケ・ウッティー at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもの道で・・考える

10月14日、
今年は ジョロウグモ の巣をよく見かける。
ジョロウグモは森林的環境を好むクモとして知られている。
巣をかけている場所は、数年前に作られた植樹帯で、近くに外灯がある。
植樹帯が成長して林縁的環境を作り出すようになったのと、虫たちを呼び寄せる外灯が最適な環境を作り出すようになったのだろうか? いずれにせよ、ジョロウグモが集まってくるという事は彼らを支える昆虫の数がいる証でもある。

ジョロウグモ

縮小 2016年10月14日 ジョロウグモ 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ISO 400   M フォーカス  320 分の 1 秒 ストロボ使用 手持ち撮影 )


トリミング画像  ジョロウグモ

縮小 2016年10月14日 ジョロウグモ 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   12 mm  f 8 . 0   ISO 400   M フォーカス  320 分の 1 秒 ストロボ使用 手持ち撮影 )トリミング




posted by ケースケ・ウッティー at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

季節の移り変わりは波のように

10月13日、
ポカポカを越えて暑い日から極端に寒いと感じる日。

「ん?」

木の幹のくぼんだ場所にエメラルドグリーンの点を見つけ、正体を確認しに行く。


縮小  2016年10月13日 寒い日 アオバハゴロモ 1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   22 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  125 分の 1 秒  手持ち撮影 )

エメラルドグリーンの点 (トリミング画像)

トリミング縮小  2016年10月13日 寒い日 アオバハゴロモ 1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   22 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  125 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング


正体は セミ と同じ、ヨコバイ亜目の「アオバハゴロモ」だった。
幹の窪んだ場所でジッと動かず・・寒さをしのぐためにここを選んだのか?


アオバハゴロモ

縮小 2016年10月13日 寒い日 アオバハゴロモ 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  125 分の 1 秒  手持ち撮影 )


アオバハゴロモ( トリミング画像 )

トリミング 2016年10月13日 寒い日 アオバハゴロロモ 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  125 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング


続いて、木の幹から葉の方へ視線を移すと今度は葉と葉が重なる場所にに「 ナミテントウ 」を見つけた。


葉と葉の重なる部分に ナミテントウ発見!

縮小 2016年10月13日 寒い日 ナミテントウ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   23 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  100 分の 1 秒 補助光 LED 手持ち撮影 )


( トリミング画像 ) 葉と葉の重なる部分に ナミテントウ発見!

トリミング 縮小 2016年10月13日 寒い日 ナミテントウ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   40 mm  f 4 . 5   ISO 800   M フォーカス  125 分の 1 秒 補助光 LED 手持ち撮影 )トリミング
 

隠れているだけなのか、それとも寒さをやり過ごしているのか?
わからない。

今日は生き物の気配を感じない。。



posted by ケースケ・ウッティー at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

雨降りとなった日

10月9日
夜明けと共に燃える空!
しかし太陽は上ってこれず、雲に覆われてしまった。

めったにない、ほんとうに綺麗な朝焼け・・。

稀な朝焼け

縮小 2016年10月9日 朝焼け.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  12 - 40 mm  f 2 . 8  PRO   17 mm  f 6 . 3   ISO 400   M フォーカス  400 分の 1 秒  手持ち撮影 )

posted by ケースケ・ウッティー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

川原で暮らす(家)猫

10月8日、
目の見えない子猫を見つけました。。

特定の飼い主はいないようですが、誰かにエサをもらって生きている(家)猫たち・・
(家)猫は野生動物ではないのでエサをもらって生きるしかないのだけど、エサばかりあげてほったらかしでは、どんどん数を増やしてしまう事になりかねない。
そして不幸な(家)猫たちが増えてしまう螺旋・・。

(家)猫はペット(愛玩動物)です。
最後まで責任をもって可愛がってほしいものです。

野良猫

縮小  2016年10月8日 目の見えない野良ネコ 2.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 4 . 0   ISO 800   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )



目の塞がった子猫(病気なのか?)

縮小  2016年10月8日 目の見えない野良ネコ 3.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 4 . 5   ISO 640   M フォーカス  640 分の 1 秒  手持ち撮影 )



草むら越し、目の見えない子猫

縮小  2016年10月8日 目の見えない野良ネコ  1.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 2 . 8   ISO 640   M フォーカス  1000 分の 1 秒  手持ち撮影 )





posted by ケースケ・ウッティー at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラギンシジミ の迷彩

10月7日、
晴れ!
日射しがつよくなり照葉樹の葉の照りが目立つ時間帯にヒラヒラと白いチョウが舞っていた。
飛んでいる姿はキラキラと羽の白さが際立つそのチョウは ウラギンシジミ だ。
目立つチョウだなぁと思ってたが、照葉樹の葉に留まってビックリ!
照葉樹の葉の照りに紛れてしまった。
このチョウの白は迷彩なんだと認識した瞬間だった。

照葉樹の葉の照りとウラギンシジミ

縮小 2016年10月7日 ウラギンシジミ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中に ウラギンシジミ

〇印 縮小 2016年10月7日 ウラギンシジミ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中をクローズアップ(トリミング画像) ウラギンシジミ

トリミング 縮小 2016年10月7日 ウラギンシジミ の迷彩.jpg  

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 2 . 8    f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング











posted by ケースケ・ウッティー at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節の訪れを感じる時・・

10月6日、
百舌鳥と書いてモズ、色々な鳥の鳴き声をまねて縄張り宣言をするなどと言われていますが、秋になると「キイ!キイ!キイ!」なんて甲高い声で鳴いてますね。
百の鳥の鳴きまねをするなんて聞くと、モズが鳴いてるなんて判らないでしょう?なんて言われそうですが、一度鳴き声を聴けばきっとその特徴を認識するようになり、毎年季節の訪れを感じるようになるでしょう。

モズ

縮小 2016年10月6日 モズ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 6 . 3   ISO 800   M フォーカス  400 分の 1 秒  手持ち撮影 )


モズ(トリミング画像)

トリミング 縮小 2016年10月6日 モズ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 6 . 3   ISO 800   M フォーカス  400 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング


posted by ケースケ・ウッティー at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オナガの迷彩

10月5日、
今回の題名「オナガの迷彩」、体色は頭が黒くて、背中は水色、腹は白。
飛んでいるときはとても目立つんですが、茂みに入ると紛れてしまう。
生き物の体色って進化の証なんでしょうけど、よくできてます。

オナガの迷彩

縮小 2016年10月5日 オナガの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 7 . 1   ISO 800   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )

茂みの中に紛れているオナガ、遠めだと周りと色が違うのは判る。しかし、黒い頭は周りに溶け込んでしまい、鳥には見えない。


〇印の中にオナガがいます。

〇印 縮小 2016年10月5日 オナガの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 7 . 1   ISO 800   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中をクローズアップ(トリミング画像) オナガが留まっているの判りますね。

トリミング 縮小  2016年10月5日 オナガの迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 7 . 1   ISO 800   M フォーカス  800 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング




posted by ケースケ・ウッティー at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トノサマバッタの迷彩

10月2日、
草原を歩いていると足元からバッタが飛び立つ!
この時期の「あるある!」ですね。
草原にいるバッタってホントに気付かないもんです。
彼らの体色、姿形って迷彩ですから〜 「・・・」。

草原にトノサマバッタがいますが・・・判りますか?

トノサマバッタ の迷彩

縮小 2016年10月2日 トノサマバッタ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro   f 2 . 0   ISO 400   M フォーカス  3200 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中に トノサマバッタ がいます。

〇印 縮小 2016年10月2日 トノサマバッタ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro   f 2 . 0   ISO 400   M フォーカス  3200 分の 1 秒  手持ち撮影 )


〇印の中を拡大(トリミング画像)トノサマバッタ

トリミング 縮小 2016年10月2日 トノサマバッタ の迷彩.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro   f 2 . 0   ISO 400   M フォーカス  3200 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング


posted by ケースケ・ウッティー at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

秋到来!

10月2日、
雲と空、そして日射し・・。
これだけでも季節の移り変わりを感じるが、そこに季節の花が咲いていたりすると、春夏秋冬の到来を感じます。

秋空とコスモス

縮小 2016年10月2日 秋空とコスモス.jpg

( オリンパス E - M 1 レンズ  50 mm  f 2 . 0 Macro   f 2 . 8   ISO 400   M フォーカス  1600 分の 1 秒  手持ち撮影 )
posted by ケースケ・ウッティー at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

秋を感じるとき・・

9月28日、
「ギュル、ギュル 🎵」「ギュル、ギュル 🎵」表がさわがしい。
特徴的な鳴き声ですぐにムクドリの群れが来たと判った。
望遠レンズを片手にベランダからのぞき込むと、すぐ近くのカキの木に群がっていた。
柿の実の取り合いだ!
あれよあれよと小さくなるカキの実・・食欲旺盛!
喰いっぷりが半端でない。
人や車が通りかかると「キュルル!」と鳴きながら一斉に飛び去り、またやって来る。
まだ大群というほどの群れではないが、これから秋の深まりとともに群れがどんどん大きくなり、電線を埋め尽くすほどになるはずだ。
そう!ムクドリの群れが集まってくると、秋の訪れを感じるのだ・・。

柿の実を貪るムクドリ

縮小 2016年9月28日 ムクドリ 柿を貪る.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 7 . 1   ISO 800   M フォーカス  400 分の 1 秒  手持ち撮影 )


(トリミング画像)柿の実を貪るムクドリ

トリミング 縮小 2016年9月28日 ムクドリ 柿を貪る.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 7 . 1   ISO 800   M フォーカス  400 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング




posted by ケースケ・ウッティー at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッタの季節

9月27日、
お昼ころ、太陽が顔を出し気温上昇!
チョウが舞い、それを狙うカマキリ、そして飛び跳ねるバッタたち・・。
今日は、鳥たちの姿を見かけない替りに昆虫たちの姿によく気がついた。
望遠レンズでチョウを追っていると、その後方で食事中のツチイナゴを発見!

メヒシバを食べるツチイナゴ

縮小 2016年9月27日 ツチイナゴ  メヒシバ食事中.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 6 . 3   ISO 400   M フォーカス  2000 分の 1 秒  手持ち撮影 )


(トリミング画像)メヒシバを食べるツチイナゴ

トリミング 2016年9月27日 ツチイナゴ  メヒシバ食事中.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   + 1 . 4 倍テレコン  420 mm  f 6 . 3   ISO 400   M フォーカス  2000 分の 1 秒  手持ち撮影 )トリミング







posted by ケースケ・ウッティー at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姉家の飼い猫

9月25日、
名前は、モカ
もう何度か会っているけど、いつも知らない人が来たと冷蔵庫の上に登って隠れてしまう。
近付けないときは望遠で・・。

※ フルサイズ換算 600ミリ 相当のレンズを頭上に掲げ、手持ちで撮れちゃうすごい時代です。

こちらを警戒しながらも、気にしている体で(笑)

このあと数十分で仲良くなりましたよ!


姉家の飼い猫 モカ

縮小 2016年9月25日 モカ.jpg

( オリンパス  E - M 1 レンズ  300 mm  f 4 . 0 IS  PRO   f 4 . 0   ISO 4000   M フォーカス  160 分の 1 秒  手持ち撮影 )





posted by ケースケ・ウッティー at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。